本文へスキップ

宝くじ当選・開運・子宝・入札落札祈願は

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0955-74-3715

〒847-0027 佐賀県唐津市高島523

ヒストリーご由緒

平成に入って当神社の縁起が良い『寶當(ほうとう)』の文字にあやかって参拝される方が増え、お参りをされた方の中から宝くじの高額当選者が多数出て、テレビや雑誌などに紹介され宝くじが当たる神社として一躍有名になりました現在では全国から年間二十万人もの参拝者をお迎えしています。

御鎮座地   佐賀県唐津市高島
御祭神     
野崎隠岐守綱吉命(のざきおきのかみつなよしのみこと)
御祭日     
旧暦八月二十三日 綱吉様のご命日にあたります
          平成29年は10月12日 10時30分より執行

     
 御  由  緒

天文二十三年(一五五四)
 信州の国に生誕。
 生まれつき才能があり、哀れみの心も厚く、道義もわきまえ、礼儀正しく
 勇気と力を持ち、当時の人は偉丈夫であると称していた。
 豊後の大友義鎮(おおともよししげ)公につかえ、数度の軍功著しく、恩賞を戴く。
 ◎義鎮公は後に大友宗麟(おおともそうりん)と名乗る。
 大友義鎮公は、肥前国草野城主として草野鎮永(くさのしげなが)に迎えられる。
元亀四年(一五七四)三月二日
 草野城は、龍造寺隆信率いる五四〇〇騎に取り囲まれる。
 野崎隠岐守綱吉と源頼久太郎久国(はらせきゅうたろうひさくに)は、
 やおもてに立ち奮戦する。これにより、龍造寺は勢力を失い敗走した。
 草野城はこれで安堵したが、草野家の老人臣は綱吉の勇力を恐れ、ねたみ、
 主家に綱吉の居場所が無いよう仕向ける。
九月二十一日
 綱吉は、やむを得ず三人を引き連れ、夜陰に紛れ小舟を操りここ高島にたどり着く。
十二月二十九日
 龍造寺は再度草野城に至り連戦の末、草野城を陥城した。(平原の合戦)
 綱吉は高島に移り住みし頃である。
 当時世の人は、筑前国吉井の海賊、火山神九郎(かざんじんくろう)の猛悪異名に
 恐れおののいていた。ある日の事、吉井荊娯(よしいけいご)が
 神九郎の手下三十余人を率いて、高島の人家を襲った。
 穀物や金銭えお強奪し、船に積み込み、とも綱を解き、浜辺を去ろうとしていた。
 これを聞きつけた綱吉は、浜辺に走り出て飛鳥の如く賊船に飛び乗り、
 帆柱を引き抜き横一文字に振りました。族徒は、その場になぎ倒され、
 各自物を取って綱吉たちに向かってきた。綱吉は車輪の如く早業で投げ飛ばし、
 骨折、転倒、流血負傷を負いながらも、賊徒を倒した。
 生き残った者はわずか五人であった。五人は、強奪した物を前にして命乞いをし、
 綱吉はそれをねんごろに輸し許した。
 その後遠近の賊船は、綱吉の勇力を聞き二度と高島を襲うことは無かった。
天正十二年(一五八五)
 綱吉の長男、吉綱(幼名 馬之助)高島において生誕。
天正十三年(一五八六)八月二十三日
 綱吉はにわかに病に冒され再起することが出来ず、高島において逝去。(享年三十二歳)
 島民は、綱吉の弔いを厚くし祠を建立し島の大権現として祀る。
明治三四年(一九〇一)
 島の産業である製塩業が盛んになり島が潤い利益をあげた時、お礼として
 綱吉を祀った当神社を当島の宝と称え『寶當神社』と記した石造りの鳥居を奉納した。
 この頃より宝当神社(ほうとうじんじゃ)と呼ばれ親しまれてきました


shop info.店舗情報

ほうとうじんじゃ

〒847-0027
佐賀県唐津市高島523
TEL.0955-74-3715
FAX.0955-74-3715